押しも押されぬ国民的アイドルとなったAKB48のすべて

会いに行けるアイドルAKB48
現在までに数多くのアイドルを生み出してきた秋元康のプロデュースにより、国民的アイドルの地位を確固たるものにしたAKB48は2005年に誕生しました。秋葉原にある『AKB劇場』で、チームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行っています。非常に多くのメンバーが在籍しているマンモスグループで、正規メンバー以外にも研究生が多くいるのが特徴です。数多くいるメンバーの中で、歌を歌ったり、テレビに出たりするのはごく一握りで、毎年行われる『選抜総選挙』では、ファンの人気投票により、CDで歌うメンバーが決められています。姉妹グループや派生ユニットも多く、興味のない私なんかは一人一人を覚えるのは大変難しいです…。
下剋上の激しいグループ
女性ばかりが集まっているグループなので、内部はさぞかしギスギスとしているのではないか?と思ってしまうのは私だけでしょうか?選抜総選挙の際は、グループ内のトップを決めるため、メンバー同士の激しい火花の散る様子が、テレビ画面からも伝わってきますよね。メンバーの中のセンターという名誉を手にするためには手段を選ばない人もいるのではないでしょうか…黒い噂として、AKB48の枕営業も話題になっていますからね。あれだけ多くの女子が集まる中で、注目を浴び、引き立ててもらうためには、枕営業が欠かせないのだとか。プロデューサーや業界関係者、広告関係者など、AKB48の夜の接待を受けたと公言している人は多くいるのに驚きます。
美容整形も当たり前?
芸能人で整形している人は多くいますが、AKB48もほとんどのメンバーが整形済みのようです。成長や体型の変化、テレビの露出が増えることで綺麗になる人もいますが、AKBの場合はほとんど人工的に顔をいじってしまっていることは周知の事実ですよね。特に整形で顔が変わったと言われるのが、今は卒業していますが板野友美です。デビュー当時のまだ幼かった頃の整形前の写真と比べると、全く別人ですから。峰岸みなみも整形だと言われていますし、今は流行りの『ライザップ』で肉体改造を行って、デビュー当時よりはアイドルらしくなってきましたよね。現在でもAKBの2トップと呼ばれる前田敦子と大島優子は整形をしていないようですが…売れるためには手段を選ばない、熾烈な争いが日々繰り返されているからなのでしょうか。AKB48内でトップを勝ち取るためには、枕営業も整形をも辞さないという覚悟…恐るべし。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。