Yoshikiは世界中の人々から愛されるアーティスト

世界中のファンを魅了しているYoshikiとは?
『X-Japan』のリーダーで、ドラムとピアノを担当しているYoshikiは、日本のみならず世界中のファンに愛されているアーティストです。熱狂的なファンが多いことで有名ですが、Yoshikiの魅力とは一体どんなところなのでしょう?Yoshikiは作詞や作曲、編曲まで自身でこなし、X-Japan以外のアーティストとコラボしたり、楽曲を提供したりしています。Yoshikiは小さな頃から音楽に触れ合って生活をしていました。父親はジャズ・ピアノ、母親は三味線、叔母は琴の演奏を親しむ音楽一家の中で育ちました。4歳になる頃、父親からピアノを買ってもらいレッスンを始めます。9歳になる頃には、ピアノを使って作曲を始めたそうです。この頃から音楽に関する才能が花開いていったのでしょう。幼少時代から、音楽に触れ合う機会が多かったことで、Yoshikiは絶対音感を身につけることとなったのでしょう。
ロックだけではない輝かしい経歴
X-Japanでの活動ばかりがYoshikiの姿ではありません。1999年には『天皇陛下即位十年をお祝いする国民祭典』のための奉祝曲を、2005年には『日本国際博覧会(愛知万博)』の公式イメージソングを作曲していることも有名ですよね。2012年にはゴールデングローブ賞の公式テーマを作曲し、国際舞台でもYoshikiの名は有名になっています。ロサンゼルスで行われたソロパフォーマンスでは、ピアノを弦楽四重奏をバックに演奏し、世界中の人々を魅了しました。ロックバンドの一員であったYoshikiも現在では、世界の人々に知られる存在となっているようですね。
唯一無二のドラマーと呼ばれる所以
X-Japanのファンならずとも知っているでしょう、Yoshikiの魅力はあの派手なパフォーマンスです。首などを傷めてしまうほど、派手なパフォーマンスをするドラマーも少ないですよね。X-japanのYoshikiとして活動しているときは、聞かせる音楽というより魅せる音楽を意識しているのでしょう。技術うんぬんよりも、見ている人の心にどれだけ響かせることが出来るか、それを考えるとX-JapanのYoshikiの右に出る人はいないのでしょうか?キャラクターの可愛らしさもYoshikiの魅力の一つです。あまりバラエティなどに出演することはありませんが、クールな見た目とは裏腹に、口を開くととても温和で少し天然ボケなところに魅かれる人も多いようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。