日本を代表するジャズシンガー綾戸智恵

綾戸智恵ってどんな人?
綾戸智恵は、あまりテレビへの露出が多くありませんが、ご存知の方はご存知の世界に名を馳せるジャズシンガーです。たまにテレビに出ていることもありますが、小さな大阪のおばちゃんという感じですよね。ただ、一度マイクを握ると、別人のような歌唱力にただただ圧倒されてしまいます。147センチという小さな体とは思えない、その迫力のある姿は見る人を魅了しますよね。両親の影響を受けて幼い頃から、ハリウッド映画とジャズに囲まれた環境で生活していたという綾戸智恵。綾戸智恵のあの感覚は、小さな頃の影響が根強く残っているのかもしれませんね。3歳でクラシックピアノを習いはじめ教会でゴスペルを歌い、中学に上がるとナイトクラブでピアノを弾き始めたと言います。17歳で単身渡米し、アメリカのクラブで本場の音楽を学びました。40歳でデビューという遅咲きの歌手ですが、そのデビュー曲がジャズファンに与えた影響は計り知れないと言われています。
綾戸智恵が絶対音感を手に入れたのはなぜ?
絶対音感は生まれ持った才能というより、努力によって得られる才能の一つだと言われています。幼い頃から音楽と触れ合う機会の多かった綾戸智恵は、自身でも気づかない間に絶対音感を手に入れたのでしょう。ゴスペルは、ピアノの伴奏なしに歌うことも多いですからね。絶対音感は、融通のきかない感覚であると言われていますが、綾戸智恵の絶対音感はある程度の融通が利く音感のように思います。完全音感に近いのかもしれませんね。というのも、ジャズの本場であるアメリカで修行をしていたためか、綾戸智恵は音楽に対する柔軟性を持っているからです。絶対音感を駆使して自分なりの音楽を作り、歌いあげる。それが綾戸智恵の歌の魅力なのでしょう。
人情味溢れる人となりも魅力の一つ
綾戸智恵は小さい頃に、実の父親を病気で亡くしています。綾戸智恵に音楽の魅力を教えたのは、養父ですが実父のように慕っていたそうです。現在では、母親の介護の傍らで音楽活動を続けています。自身も乳がんを患った経験があり、健康管理にはかなりストイックであることもよく知れた話です。結婚や離婚、女手一つで子育てをするなど、人生経験も豊富です。他のアーティストとのコラボレーションも多く、綾戸智恵の人間性を慕って集まる人が後を絶たないと言います。ジャズを歌うときと、大阪のおばちゃん的なキャラクターのギャップ、人情味溢れる性格が、見る人を魅了する秘訣となっているのでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。