ジャニーズきっての演技派と言われる岡田准一の多才さ

岡田准一の多才な魅力とは?
ドラマや映画に引っ張りだこ、最近では格闘技をしていることで肉体美にも磨きがかかっている岡田准一ですが、彼の魅力はそれだけではありません。容姿やそのスタイルに注目が集まりがちですが、音楽に関する才能も岡田准一の魅力の一つです。正直、ジャニーズ所属のタレントさんて、多才な人は多いですが、歌が上手な人って少なくないですか?V6も同様に、少年隊などのバックを務めていた長野博は歌も上手な部類に入るかもしれませんが、森田剛や三宅健の歌唱力は、ジャニーズならではといったところですよね。V6の中でも歌唱力に定評があるのが、坂本昌行に井ノ原快彦、そして岡田准一です。特に、岡田准一は絶対音感の持ち主と言われるほどの音感の良さがあります。ピアノを弾いている姿を見たことがある人もいるかもしれませんが、いつもと違った魅力に思わずテレビ画面に釘付けになってしまいますよ。
岡田准一に絶対音感はあるの?
お母さんとお姉さんがピアノの先生である岡田准一は、小さな頃からピアノを弾いていたそうです。岡田准一自身は名言していませんが、家族全員絶対音感の持ち主であるという噂もあります。特にお姉さんは、さまざまなコンクールで華々しい受賞歴もあり、絶対音感よりもすごいと言われる『完全音感』の持ち主であると言われているのですよ。完全音感とは、絶対音感と相対音感という2つの音感を兼ね備えたものです。相対音感は、前もって基準となる音を聴くことで、鳴った音の音階がわかる感覚です。幼い頃に訓練すれば、誰もが持つことが出来ると言われています。ピアノを習っている頃、先生の弾く音を当てる訓練をしていたことを思い出しました。今思えば相対音感を鍛える訓練だったのでしょうね。絶対音感は、基準となる音を聴かなくても、鳴った音の音階がわかるという感覚です。絶対音感も小さな頃の特訓次第では、誰もが習得出来る音感だと言われています。
絶対音感を持つ母の教え
現在でも大阪でピアノ教室を開いている岡田准一のお母さんの教えに、有名なエピソードがあります。岡田准一が幼い頃に両親が離婚したそうですが、その時から『男として責任を持って自分の人生を生きなさい』『私はあなたの面倒を見ないし、将来あなたに面倒をみてもらうつもりもない』『勉強をしなさいとは言わないけれど、自分の人生に責任を持ちなさい』と言って育てていたと言います。幼い子供に言うには冷たい言葉に感じますが、そのお母さんの教えの通りに成長したからこそ、今の男らしい岡田准一が存在しているのでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。