冬の女王と名高い広瀬香美

広瀬香美は絶対音感の持ち主
4歳の頃から、音楽に関する英才教育を受けてきたという広瀬香美。4歳でピアノを始めて、5歳から作曲を習い始めたと言います。福岡女学院から国立音楽大学へと進学、卒業した音楽の世界の超エリートです。大学卒業後はニューヨークでマイケル・ジャクソンやホイットニー・ヒューストンらと同じトレーナーの素で歌唱力に磨きをかけました。あの歌唱力も広瀬香美の作る素敵な音楽も、小さな頃からの音楽英才教育と広瀬香美本人の努力の賜物だったんですね。最近では、どんな人でも歌がうまくなると、広瀬香美によるボイストレーニングレッスンを受けているテレビなども人気を集めましたよね。歌が苦手な人にとって、広瀬香美のような歌声は憧れ以外の何物でもありません。絶対音感というと、持って生まれた才能のように思っている人も多いようですが、広瀬香美の絶対音感は努力によって得られた絶対音感なのでしょうね。
絶対音感がデメリットになったなーと思うこと
広瀬香美は数年前からは拠点をロサンゼルスに置いて活動していることは有名な話ですよね。そのために、旦那様である大沢たかおとだんだんと疎遠になり、離婚することになったとも言われています。絶対音感を持つことで仕事は順調に進んでも、仕事の存在感が大きいがゆえに、女性としての幸せを掴みきることが出来なかったのかもしれませんよね。結婚後子供ができなかったのも離婚原因の一つであると言われていますが、本当のところは2人にしかわかりませんよね。それにしても、あれだけ素敵な男性を旦那様にしても離婚してしまうことがあるのですね。私なら絶対に手放しませんけど…
冬の女王という異名を持っているのに…
『ロマンスの神様』や『ゲレンデが溶けるほど恋したい』など、冬のラブソングの女王と呼ばれている広瀬香美。あの高音の歌唱力は絶対音感の持ち主でないと、歌うのが難しいですよね。カラオケで歌ってみても、パーフェクトに歌えた試しがありませんから。自信満々に声高らかに歌いあげている姿を見ると、気分も良いはずなのにテレビへの露出が極端に少ないですよね。あれは、本人が容姿に対して大きなコンプレックスを持っているのが原因なのだとか。ここ最近では、広瀬香美の顔が不自然であると、整形疑惑もたびたび持ち上がるようになりました。絶対音感を手に入れ抜群の才能に恵まれている彼女、どんなに才能があってもコンプレックスは人並みといったところでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。