嵐での二宮和也さんのポジションは嫌われ役?

ジャニーズの人気グループ『嵐』の二宮和也さん。最近では俳優としてもいろいろなドラマや映画に出演をして注目を集めていますね。そんな彼は嵐の中では嫌われ役のポジションにいると言われています。一体どういうことなのでしょう?
嵐の嫌われ役担当と言われる二宮さんですが、その理由には諸説あります。なかでもよく噂として挙げられるのが、二宮さんの性格の悪さです。バラエティ番組などでは、メンバーを上から目線でバカにしたり、生意気な態度をとることが多く、これを見ているファンなどから、二宮君性格悪い説が出ているようです。さらにゲストで来てくれた芸人に対しても、ネタをむちゃぶりしたり、失礼な態度をとったりと、番組関係者もハラハラしてしまうほど。これも彼の性格悪い説につながっていると言われていますね。
また、二宮さんは非常にナルシストでプライドが高いことでも有名です。映画やドラマなどでも自分の芝居が一番だと言わんばかりの態度を取るため、同等クラスの俳優さんたちとの仲は常にギクシャクしてしまうとか。なかでも、映画『GANTZ』で共演した松山ケンイチさんとは、周囲も認める犬猿の仲のようです。実は二宮さんは松山さんよりも年上なのですが、自分よりも演技力を評価されていたり、俳優としてチヤホヤされていたりする松山さんに嫉妬をしていることが原因らしいのです。現に映画の記者会見では、松山さんが二宮さんとは連絡先を交換していないと発言していたことも有名な話です。この映画をきっかけに、2人は共演NGになったということも業界では有名な話のようですね。
性格が悪いこととはあまり関係ないようにも思えますが、二宮さんがとてもケチであることも業界では有名ですね。と言うのも彼が人に対してごちそうした所を見たことがないと言う証言が多いのです。それぐらい二宮君は人に奢ることは少なく、奢らなくてすむように、ご飯に行くときには絶対に自分より先輩と行く徹底ぶりだそうです。嵐のメンバーとご飯に行くときであっても割り勘、または財布を忘れてしまったふりをして、出してもらうことも日常茶飯事とのことです。嵐クラスの芸能人になれば、時に自分がごちそうするくらいの男気があっても良さそうな気もしますが、人それぞれですから何とも言えませんね。
こういった理由から、二宮君は嵐の嫌われ役として活躍(?)しているわけですが、彼の出演する映画やドラマに関しては面白いものも多く、俳優としての実力はどんなに嫌われていても確かなのではないかと思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。