暴行事件!氷川きよしや海老蔵らが起こした芸能人ゴシップ

芸能人に限らず、スポーツ選手や政治家など、顔と名前が多くの人に知られてる場合がありますが、そういう人に絡んでくる一般人は必ずいます。握手やサインで済めばいいですが、執拗に写真を撮ろうとしてきたり、追いかけまわしたりと、何かと迷惑に感じることもあるでしょう。私なら怒ってしまいます。しかし、怒ってしまえばまたそのことを言われるため怒るに怒れません。ただ、何らかの要因で怒りが爆発し、つい殴ってしまい、暴行事件に発展することもあります。

氷川きよしさんもまた、暴行事件を起こしてしまった人の1人です。元マネージャーをエレベーターの中でカバンやブーツなどで殴打し、その音声が公開されるなど一時、大騒ぎとなりました。暴行を受けた元マネージャーも億単位の慰謝料を請求し、氷川さん、元マネージャー双方が書類送検される事態となりました。いつも笑顔でさわやかなイメージのある氷川きよしさんのイメージとは大きく逆行する事件でした。しかし、演歌界を見れば、こういったことは日常茶飯事のように思えます。芸事の世界では、見習い中の方やお弟子さんにきつい言葉をぶつけたり、物を投げつけるなどの光景は普通です。パワハラという言葉を持ち出しても一蹴される世界であったにしても、暴行事件を起こしていいことにはならないのです。

市川海老蔵さんも暴行事件に巻き込まれています。2010年、西麻布のバーで元暴走族の男から殴打され、重傷を負う事件がありました。歌舞伎役者の命とも言える顔を中心に大ケガを負い、顔面修復手術が行われるなど大変な騒ぎとなりました。犯人は捕まり、後遺症が残ることもなく、現在では何もなかったかのようになっていますが、海老蔵さんの酒癖の悪さが原因ではないかと言われています。海老蔵さんの酒癖の悪さは大変有名で、その場では灰皿にテキーラを入れ、それを飲むように強要したとこの件の裁判で証言が出ています。また、野球選手に絡んでいき、腕相撲を強要し負けるといったエピソードや俺は人間国宝だ、国から金がもらえるんだなどの暴言が暴露されるなど、酒癖の悪さが公然とテレビで語られています。そのようなことも暴行事件に巻き込まれた原因の1つとされていますが、まさに自業自得ですね。海老蔵さんのゴシップ記事の大半は酒癖の悪さを起因としたものです。現在はお酒を断たれているのかわかりませんが、お父さんの名を汚さぬよう、芸事にぜひとも精進してほしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。