桑田佳祐は大人しく真面目な性格?

桑田佳祐はサザンオールスターズのリーダーです。ボーカル、ギター、作詞、作曲を担当しており、楽曲は夏をイメージしたロック色の強いものをはじめとして、デジタルロック、ヒップホップ、民族音楽、郷土音楽など、バラエティーに富んでいます。また、歌詞にはエロティックなフレーズを数多く散りばめており、テレビで下ネタを繰り返していることもあって、桑田佳祐は一般的にはスケベなおっさんとして認識されています。ライブでは「ヤらせろ!」、「乳首見せろ!」といったセクハラ発言の他、放送禁止用語も度々飛び出してくるので、興味のある方は是非サザンのライブに足を運んでみてください。

また、桑田佳祐は恋多き男としても知られており、学生時代は何人もの可愛い女性にちょっかいを出し、付き合ったり振られたりを繰り返していたとのことです。さまざまな恋を経験してきたからこそ、あれほど心に訴えかけるラブソングを作ることができるのでしょうね。また桑田佳祐は、結婚後は奥さん一筋のようですが、それでもアダルトビデオは日常的に鑑賞しており、AV女優の夏目ナナ、及川奈央、Rioのファンだとラジオで公言しています。同じ事務所に所属する後輩にして同好の士、福山雅治からは誕生日プレゼントとしてアダルトビデオを送られています。完全に駄目な大人というか、まるっきり中学生か高校生のやり取りですね。桑田佳祐はいつまでも少年の心を持ち続けているのです。

しかし、そんな三枚目キャラを通す桑田佳祐ですが、ラジオなどでは時折、インテリっぽい雰囲気を醸し出すことがあります。例えば、桑田佳祐はエリック・クラプトンやレイ・チャールズの大ファンであり、本人に会う機会は何度もあったようですが、あえて会おうとしなかったと語っています。曰く、心底惚れたミュージシャンの普段の姿は見たくないとのことでした。こういうところに単なるスケベなおっさんではない思慮深さのようなものを感じますよね。

実際、桑田佳祐のことを良く知る関係者は彼のことを指し、とにかく大人しく真面目な性格だと語っています。サザンオールスターズのデビュー当時、バンドもアイドルグループのようにビジュアル込みのイメージ戦略で売りに出すことが一般的でした。しかし、桑田佳祐は決して不細工ではありませんが、二枚目というわけでもありません。自分の容姿に魅力がないと分かっていたため、下ネタを連発するパフォーマンスでファンを惹き付けようと考えたのかも知れませんね。また、単なる照れ隠しというところも大きいような気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。