滝川クリステルさんのメイク法でハーフ系を目指す

滝川クリステルさんは日本のテレビで見かける美人の中でも独特の顔をしていますよね。フランス人と日本人のハーフなので日本人離れした顔立ちなのは当然ですが、それだけでなく上品でやさしい雰囲気も持っています。日本のテレビでハーフというと、芯の強い感じを前面に出すイメージのため、その差が顕著に表れているのでしょうね。なので、一般的なきりっとした美人になるメイク法よりも、滝川クリステルさんのような温和なイメージのハーフ系を目指したいという人もいらっしゃるはずです。

独特な感じと言えど、ハーフには違いないぶん、全体的な彫りの深さはもちろんあります。ただし、滝川さんはそういったものを誇張させすぎないことから、上品なイメージが保たれているのですね。なので、滝川さんらしさを出すには誇張のしすぎは禁物で、彫りの深さと上品さを両立させていく必要があります。そして、特にその両方の雰囲気が表れているパーツはどこかと言えば、目ですよね。

滝川さんのメイク法を実践する上で一番見ておきたいのは目ですが、目はメイクによってさまざまな印象を出すことができるだけあって、比較的似せやすいパーツでもあります。滝川さんの目の最大の特徴はたれ目であり、これが顔に温和さを与えていますよね。滝川さん自身もたれ目をメイクで隠そうとはしておらず、むしろ際立たせているので、重要なポイントと言えます。なので、目を大きくクリクリにするというよりは、そのたれ目を誇張させる方がより実物に近くなるはずです。

たれ目の作り方についてですが、アイライン、アイシャドウを目尻に濃く入れます。できればつけまつげも目尻につけ、さらに目尻の部分を重くします。こうすることによって、目尻に存在感が増し、相対的にたれ目を演出させることができるのですね。また、二重をシャドウで目立たせ、妖艶な感じを出しているのも特徴的です。ちょっと眠そうなとろんとした雰囲気が出れば成功と言えるでしょう。

また、眉毛も独特の形をしています。きりっと真っ直ぐなタイプではなく、眉尻のあたりから自然なアーチを描いていますよね。眉頭は太めで、眉尻にさしかかるととたんに細まるのが特徴です。眉はマスカラで染め、存在感を出します。滝川さんのメイク法の最大の特徴である目元と眉ができれば、ほとんど完成ですが、さらに鼻筋も通らせることができれば、もっとそっくりになるでしょうね。鼻はノーズシャドウとハイライトでくっきり浮かび上がらせるといいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。