和風な色っぽさを出すメイク法では壇蜜さん

和風な色っぽさを出すと言えば、壇蜜さんは外せない存在だと思います。セクシー系のタレントとして男性からも女性からも人気を得ていますが、それはやはり日本人としての特徴を活かしたメイク法を利用しているからでしょうね。今時のタレントさんは欧米系の目鼻立ちをくっきりさせるメイクが多いので、それだけ壇蜜さんの良さが際立つのかもしれません。ハーフタレントならば別ですが、もとが日本人だということを考えれば、それに合わせたメイクが引き立つのも当たり前ですよね。

壇蜜さんは和風の典型的な顔立ちを意識したメイクですが、それだけに各パーツの誇張はそれほど激しくありません。特に目についてですが、よく見なければわからないほど自然な二重になっていますよね。和風メイクでは、もちろんくっきり二重は不自然になってしまうので、控えめな印象をつくることが大切です。まつげも長すぎず、濃すぎず、カールさせすぎずにつくっていき、目力を抑えます。これにより、外人のようにポジティブなイメージよりも、日本美人の儚げなイメージを優先させることができるわけですね。何だか守ってあげたくなるような雰囲気が出れば、壇蜜さんのメイク法が成功したと言っていいと思います。

また、目の周辺についてもどちらかと言えば存在感を薄くしていく必要があります。たとえば、眉は細めで自然なアーチを描きます。眉を太くしたり、真っ直ぐさせすぎたりすると顔に迫力が出てしまうため、壇蜜さんのメイク向きではありません。自然で、しかも落ち着いたイメージをつくるのが大切で、各パーツをおとなしく見せるようにします。それから眉と目の空間もしっかりと見えるようにすることで、和風なイメージをアップさせましょう。眉と目が近ければ近いほど彫りが深い感じになってしまい、外人らしさが出るようになりますよね。目指すは和風美人なので、ここに空間は絶対に必要です。

これまでは守ってあげたくなるようなイメージをつくるためのものでしたが、実は壇蜜さんの場合はそれだけに終わりません。壇蜜さんのキャラクターはその色っぽさなので、儚いイメージと色っぽいイメージを融合させるのが重要なポイントですね。具体的には切れ長の目独特のセクシーさと唇の分厚さが正体となります。切れ長の目は涙袋を際立たせるのがよく、唇の分厚さはリップとグロスでぷっくりつやつやにするのがコツです。これによって、和風な色っぽさを演出することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。