目を大きくパッチリさせるメイク法のローラさん

ローラさんはクウォーターということもあり、日本人離れした顔の造形を持っていますよね。しかし日本人の血も入っているだけに、明らかな骨格の違いというほどではありません。なので、ローラさんのようなメイク法を使えば雰囲気を似せることもできます。もちろんローラさんも化粧によって外国人然とした魅力を引き出している部分もあるので、そのあたりをよく観察することが大切ですね。

ローラさんのメイク法で特にポイントとなるのが目です。ローラさんの目を見るととても大きく、迫力がありますよね。特にこのインパクトが雰囲気を出す上で重要になるので、アイメイクを似せることを研究するべきだと思います。目を目立たせる方法としては、二重やまつげ、涙袋が代表的なものとして挙げられます。ローラさんはこれらをとことん濃くしているので、二重ははっきりと出し、まつげは長くカールさせ、涙袋もくっきりと浮かび上がらせるのがコツです。まつげについてはビューラーとマスカラを使って、めいっぱい太く、長く、カールさせてみましょう。もちろん、本来のまつげがそれらの条件に近い方が楽にできると思います。しかし、ボリュームのつけかたによっては誰でもローラさん風のメイクが可能なことは間違いありませんね。

また、このメイク法はまぶたや涙袋だけではなく、さらにそれらの周辺にもこだわりがあります。というのも、二重やまつげ、涙袋だけでは目だけが浮いてしまうからです。なので、自然な彫りの深さを出すために、その周辺のケアも徹底しておくべきでしょう。具体的には眉毛と眉間、鼻の付け根がポイントとなります。眉毛については太く、若干短く、きりっとした形ですね。また、薄茶系のカラーなので、色を入れる必要があります。この太さで真っ黒だと存在感が出すぎてしまうので、避けるようにしましょうね。眉間、鼻の付け根についてはとにかく陰影を誇張させます。ノーズシャドウを使い、パッチリお目目に劣らない彫りの深さを出します。

唇についても分厚く見せるためのリップが必要です。色は濃いめで、存在感をはっきりさせます。また、ベースはイエロー、頬にはオレンジチークで色味を出していきます。このように、ローラさんはどのパーツにおいても際立たせるメイク法なので、そのことを特に意識することが大切です。また、ただパーツを際立たせればいいというものでもなく、自然な形で調和していることも大きな特徴と言えると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。