メイク法でセクシーさときれいさを出す石原さとみさん

石原さとみさんは男性にも女性にも人気の女優です。特に顔、メイクのセクシーさ、きれいさには定評があり、あんな風な顔になりたいと考えている人もたくさんいらっしゃると思います。もちろん、石原さんも独自のメイクを用いてあの魅力を引き立たせているので、それを真似すれば雰囲気を近づけることもできるでしょう。そのメイク法の特徴としては、やはりセクシーさときれいさをうまく両立させているところにありますよね。

石原さんのメイク法の一番のポイントは唇です。ぽってりと厚みのあるもので、セクシーさはもちろん、何だか無防備なあどけなさも感じられますね。これは石原さんの唇がもともと厚いということもあるのですが、メイクによってより際立たせている印象もあります。また、つやを出していることから、若々しいきれいさも出ていますね。やり方としては、存在感が出るように輪郭を誇張させ、グロスでつやを入れるというものが挙げられます。厚みでセクシーさを出し、グロスと輪郭できれいさを出すといった感じですね。また、唇のM字をリップで大げさに被せて目立たないようにするのがポイントです。

また、小動物を思わせる目のきれいさも特徴的です。タレ目や涙袋で愛らしさを出していることに加え、黒目が大きいことから上品さも出ていますよね。なので、石原さんの目周辺のメイク法はタレ目や涙袋、黒目の大きさを誇張するのが中心となっています。この三つが揃っていれば、それだけで石原さんの目の雰囲気は出ると思います。

石原さんのメイク法を総合的に見ると、目と唇の影響がとても大きいことがわかります。目と唇の存在感を通常以上に出し、セクシーさを最大限引き出している上に、その色気にだらしなさが出ないように、つやや潤いを入れて上品さや高級感を生んでいるのですね。このまとめ方、バランスがとても優れているのが石原さんで、美人さ、清楚さ、色っぽさのすべてをそなえています。逆に言えば、どれかの存在が過剰に出てしまったり、極端に目立たないと効果が半減する可能性があるので、特にバランスを意識する必要があると言えますね。

眉毛の描き方についてですが、太くも細くもないのが特徴です。ラインは真っ直ぐめで、あまり山なりではありませんよね。かといって完全に真っ直ぐというわけでもないので、ややきりっとした適度な感じがポイントとなっています。若干太めなときもありますが、シーンによって使い分けているのでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。