キャンディボイスを活かした歌唱法の松田聖子さん

松田聖子さんはアイドルとして伝説とも言えるほどの人気を獲得した歌手で知られていますよね。アイドルとしての成功はもちろん、シンガーソングライターの資質も発揮し、アイドルのみならずミュージシャンと呼べるほどの仕事をこなしています。作詞や作曲、プロデュースなどを自身で行ったりと、「聖子ちゃんカット」といった髪型の流行などアイドルのイメージが強い松田さんとしては意外な一面もあります。

そんな松田さんの歌唱法として最も有名なのが「キャンディボイス」ですよね。キャンディと言うだけあって、甘い歌声が特徴的です。これは特に喉を痛めてから復活した後の歌声として用いられることが多いですが、その基礎は初期の頃からありました。ひとくちにキャンディボイスといってもその時代によって意味が異なってくるようですが、どの時代も松田さん特有の聴く者を夢中にさせてしまう魅力があります。この魅力にこそ、ずっと愛される理由が隠されているのでしょうね。

初期の頃は地声の低音が目立つシンプルな歌唱法でしたが、多忙により喉を痛めた後から声にかすれた感じが出てきます。普通かすれるとよくないイメージがありますが、松田さんの場合はそれがむしろ良い効果を生むことになるのですね。歌唱法をしっとりと甘いものに変えていき、いよいよキャンディボイスとしての特徴を帯びてきます。松田さんと言えばこの声という人も多くいらっしゃると思いますね。

伝説のアイドルという肩書きから、歌唱法を語られるときはその可愛さがよく取り上げられますが、実は歌の才能が高く、ミュージシャンとして劣らないものを持っています。特にさまざまな表現方法を使いこなすことが有名で、時代や楽曲によって歌い方を柔軟に変えているのですね。それはときに「ぶりっこ」と呼ばれることもありますが、実際のところはそれだけ表現力があるということの証とも言えます。魅力ある声を出し続けるために、きっと多くの努力をしているのでしょうね。

キャンディボイスは時代が進むごとにそのハスキーさを進化させています。かすれ具合が徐々に増していくのですが、それが逆に安定感を持ってきます。そのうち完璧に使いこなすようになってきて、ハスキーさを活かした歌唱法がつくりあげられていくのですね。美声はもちろん、味のある歌声まで、幅広い表現が見受けられます。そのように、同じキャンディボイスでもさまざまな見せ方があるのも、松田さんの魅力の一つと言えますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。