歌唱法の技巧のクオリティが特に高い稲葉浩志さん

稲葉浩志さんはB’zのボーカルで、日本のロックバンドとしてはトップクラスの成功した人ですが、その歌唱法はどんなものでしょうか。歌はうまさやテクニックだけでなく、個性的な魅力も必要ですが、稲葉さんにかぎってはそのどれもが高いクオリティで揃っていることで絶賛されていますよね。別の言い方をすれば、単純にうまいことやテクニックがあることが、あの独特な歌の魅力に繋がっているとも言えます。それだけ地力のある歌手なので、なかなか類を見ない成功をしたことも頷けますね。

具体的にどういったことで歌が絶賛されているかと言うと、たとえば肺活量がすごい、声域が広い、高音でも安定した声が出せる、音程が狂わないといったことがよく言われますよね。これらは基本と言えば基本ですが、できていない歌手も多いことに加え、稲葉さんにおいてはそのパフォーマンスが特に高いのです。ステージを走り回ってもこれらを保つことから、尋常ではないほどの歌の強度を持っていることがわかりますね。

稲葉さんの歌唱法で欠かせないものはミックスボイスです。これは歌い方のテクニックのひとつで、地声に近い声を裏声で出すというものになります。裏声をそのまま出してしまうと、声の力強さが抜けてしまうので、高い音でもしっかりとした歌声を出すには必須の技巧と言えますね。稲葉さんはこれを使いこなし、高い曲でも力強い声を出しています。その声量をいかすためにも、稲葉さんに適した歌唱法と言えるでしょうね。

また、ミックスボイスのやり方として、ハイラリンクスという方法を使っている場合もあります。ハイラリンクスは喉仏を上げたまま行うミックスボイスのことで、独特の高音を出すことができるようになるものです。高音を歌う曲の多い稲葉さんですが、それだけに独自の歌となるような工夫が見受けられますね。そういったテクニックを容易に使いこなすのは、さすが歌のプロと言えます。

音楽プロデューサーの小室哲哉さんからは、その歌唱法について「頭がいい」と評価を受けています。音の移動に予想がつかないことや、音程の取り方がぴったりであることなど、小室さんも絶賛するほどの歌唱法ということですね。これだけの地力があるにもかかわらず、稲葉さんは意識していない部分もあるようで、そこを自然とやってのけてしまうあたり、テクニック以外の才能もあるのだと思います。それはそれとしても、歌の技巧のクオリティが高いことには間違いないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。