ワインの酒豪伝説で有名なやしきたかじんさん

やしきたかじんさんは関西方面において、そのキャラクターですでに伝説と言われていますが、酒豪伝説におけるエピソードも負けていません。酔ってそうなるというよりは、もともと大胆な性格が助長されるといった具合ですね。特にワイン通であり、高級で珍しいワインを何本も何本も空けてしまうということで有名でした。それで酔っ払わないわけではなく、しっかり酔っ払い、失敗行動を取ってしまうことも多くあったようですね。

飲みに行く場所はもちろん大阪、それからときには札幌、さらにはハワイまで、さまざまな場所で飲んでいました。どこも常連になっているお店が多く、特にワインがおいしいと評判のところを気に入っていたようですね。行きつけをまわり、一晩で十本以上飲むこともあったことから、相当アルコールに強かったことがわかりますね。番組関係者におごることも多かったようで、何百万もいくようなお金も平気で出していました。その飲み方の豪快さは関西でも珍しかったのでしょうね。

芸能人との付き合いでは笑福亭鶴瓶さんと交流があり、よく飲みにいく仲でした。お互いに気さくに呼び合い、話のネタにするなど、本当に仲が良かったのですね。また、力士と飲む機会も多く、大阪ではたくさんの力士と交流があったようです。しかし、不思議なことにそれで一緒に飲んだ力士全員が怪我をする事態になったため、日本相撲協会がやしきたかじんさんに力士と関わることを止めるなど、珍しいエピソードもあります。

やしきたかじんさんはとにかく普通とは違うというか、お酒に関わる珍しいエピソードがたくさんあり、それだけに酒豪伝説として語り継がれているのでしょう。他にも、怪しい営業をしているバーに望んで入り、飲んだ後の請求が本人的に納得のいかない程度の額であったため、「もっと高額を取れ」と激怒したこともありました。しかも請求された額ではなく、自分が示した倍の額を支払い、バーの店員から感謝されたという破天荒さです。しかし、これだけすごいエピソードのある芸能人もなかなかいませんよね。

病気をされて医師に止められることもあったそうですが、それでも大好きなお酒を止めることはありませんでした。退院してすぐに飲み始めており、クラブのはしごも復活させるなど、まさにお酒は人生の一部といった感じですね。それからもワインを十本以上空けるのが当たり前だったようですし、他ではなかなか見ることのない酒豪伝説と言えることでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。