柴田英嗣は人気と信頼を取り戻せるのか

アンタッチャブルはプロダクション人力舎所属、爆笑オンエアバトルの第6代チャンピオンであり、2004年のM-1グランプリの優勝者です。アンタッチャブルはボケ担当の山崎弘也の独特のキャラクター、ツッコミ担当の柴田英嗣の強烈なツッコミで人気を博し、一世を風靡しました。

しかし、ツッコミ担当の柴田英嗣は2010年1月末から突如として芸能活動を休止し、山崎弘也はアンタッチャブルを名乗りながらもピンで活動することになります。柴田英嗣の芸能活動休止について、事務所からは体調不良と発表されるだけで、それ以上のことは何も語られませんでした。柴田英嗣の休業中、その理由についてはさまざまな憶測が流れることになりました。各情報媒体で取り沙汰されていたのは、柴田英嗣は結婚しており妻子ある身なのですが、以前交際していた元カノと不倫をしていたとのことなのです。

ただの不倫問題であれば芸能界では珍しくもありませんし、芸能活動を中止するような事態とは思えません。報道によると、柴田英嗣の不倫問題は奥さんにバレて離婚問題になり、それを受けて柴田英嗣が不倫相手の元カノに暴力を振るったり、脅迫まがいの過激なメールを送ったことで警察沙汰に発展してしまったというのが大方の見解です。しかし、元カノから被害届が出ていれば完全にクロだと断じられますが、被害届は出ていないのであくまでグレーゾーンといったところでしょうか。

そして、柴田英嗣が2011年1月に芸能活動を再開し、その1年半後に本人の口から真相が語られることになります。柴田英嗣いわく、週刊誌などで報じられていた不倫問題があったのは事実であり、それで芸能活動を休止していたとのことです。しかし、暴力や脅迫メールなど、警察沙汰になるようなことはなかったと語っています。

柴田英嗣は強烈なツッコミを駆使した掛け合いが魅力のキャラクターであり、そうした面から不倫問題に尾ひれがついて伝わってしまったのかも知れません。しかし、温厚なことで知られる相方の山崎弘也とは現在も絶縁状態であり、いまだにアンタッチャブルのコンビを名乗りつつも番組で共演することもないほどなので、実際には不倫問題以上の何かがあったのではないかと思ってしまいますが。

相方の山崎弘也との関係について、柴田英嗣は嫌われているわけではなく、二人の間に生じた不協和音により信じられていないだけだと語っています。何時かまた、アンタッチャブルの掛け合いを見られる日がくるのでしょうか。アンタッチャブルは個人的にも好きなお笑いコンビだったので、しがらみを乗り越えて共演を果たして欲しいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。