諸星和己が抱える心の闇

諸星和己は光GENJIの元メンバーであり、一世を風靡した男性アイドルです。ジャニーズ事務所から卒業した後は個人事務所の株式会社GOLD RUSH Kを設立し、アイドル絶頂期ほどではないもののマルチな活動を行っています。静岡県富士宮市ではやきそば親善大使なるものに任命されているようですね。

光GENJI時代の諸星和己は桁外れのモテっぷりだったようで、バレンタインデーにはトラック三十台分以上ものチョコレートが届いたそうです。また、ファンだけでなく、当時人気のあった女性アイドルも全員抱いていたと豪語しています(多少は話を盛っているでしょうが)。特に、「かーくんゾーン」と呼ばれている「おニャン子クラブ」の会員番号二十番台から三十番台の人とは深い関係にあったとのことです。この中には渡辺満里奈や渡辺美奈代、木村拓哉の奥さんである工藤静香も含まれています。木村拓哉は諸星和己のことを嫌いな先輩として挙げたこともあるらしく、このことも何か関係しているかも知れませんね。

しかし、諸星和己も百発百中というわけではなかったようで、過去に蓮舫を口説いたものの失敗したことを明かしています。蓮舫は気が強く高飛車な性格の女性であり、諸星和己も一蹴されてしまったようですね。その他、WINKの鈴木早智子と相田翔子も口説けなかった女として名前を挙げています。

諸星和己は現在四十代半ばですが、まだ結婚はしていません。結婚する相手は腐るほどいたものの、機会に恵まれなかったという感じでしょうか。諸星和己は以前、有吉弘行が司会を務める有吉ゼミの「結婚できないトップスター激白!」という番組企画に出演し、自身の心境について語っていました。いわく、「人と付き合うのが怖い。本当にこの人でいいのかって思う」とのことです。

諸星和己はアイドルとしての頂点を体験したものの、独立後にはジャニーズ事務所からの圧力で一時期芸能界から干されてしまった経験があります。その時の心境について、色々な人が自分の元から去って行った、昨日と明日で見える景色がまるで違う、とても辛かった、といったことを語っています。こうした過去の経験により、諸星和己は他人への強い不信感を抱いてしまったのかも知れません。現在でも結婚はおろか、恋愛もまともにすることができないと諸星和己は言います。しかし、諸星和己はこれまでの人生が濃かったので薄くサッパリ生きていきたいと話しているので、結婚とはまた違う幸福の形を求めているのかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。