下ネタ好きな桑田佳祐の女性遍歴

桑田佳祐は日本を代表するミュージシャンの一人ですが、1978年のサザンオールスターズのメジャーデビュー当時、テレビ番組で「目立ちたがり屋の芸人です」と自己紹介したことから、しばらくは芸人としてお茶の間の人たちからは見られていたようです。実際のところ、桑田佳祐はとにかく陽気でサービス精神に溢れる芸人らしい気質の持ち主であり、いかりや長介が本気で口説こうとしたという逸話も残っています。結局、桑田佳祐はミュージシャンとして大成することになるのですが、そうしたパーソナリティは楽曲作りやライブパフォーマンスにおいて如何なく発揮されていますね。

また、桑田佳祐はかなりの女好きということでも知られています。サザンのベース担当の関口和之が桑田佳祐と初めて出会ったのは、彼が女性を口説いた場面だったとのことです。そんなオープンな性格のためか、世間的にも桑田佳祐なら多少破廉恥な行動をしても許されるという向きがあるようで、大塚製薬のコマーシャルに出演した際には「君にサヨナラを」を歌う桑田佳祐にさまざまな年齢、国籍の女性たちがキスをするという演出が採用されていました。日本はもちろん一夫多妻制ではなく、そうした趣向も受け入れがたいという人が多いでしょうが、桑田佳祐のハーレムな映像は奇妙なほどに違和感がないものでしたね。

桑田佳祐の現在の奥さんは同じサザンのキーボード担当の原由子です。原由子は何時も微笑みを絶やさない柔和な性格の持ち主であり、ファンからは原坊の愛称で親しまれています。桑田佳祐と原由子は大学の同級生ですが、交際開始からスムーズに結婚まで漕ぎ着けたというわけではなく、結婚前には他の女性との関係が噂されたりすることもありました。しかし、さまざまな出会いと別れを経たこともあって愛がより深まったのか、桑田佳祐は原由子にプロポーズし、その数日後に完成したサザンの代表曲である「いとしのエリー」は彼女に捧げたものだとされています。桑田佳祐は結婚してからは奥さん一人を大事にしており、毎年11月22日に行われている「いい夫婦調査」でも毎年上位にランクインするほどのおしどり夫婦として知られています。

もっとも、さまざまな女性の間でふらふらすることはなくなっても下ネタを自制するつもりはないようで、桑田佳祐はテレビやラジオでよく下ネタを披露しています。女性を口説く術を磨き上げた結果、下ネタの語彙が豊富になってしまったとのことです。同じ事務所の後輩である福山雅治とは変態仲間として名を馳せています。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。