ライオンのような釣り目が特徴のシンガーソングライター家入レオは、在日朝鮮人?

福岡県久留米市出身であるシンガーソングライター家入レオちゃん。デビュー当時かっこいい女性だと人気がとても高かったですね。猫のような食い入る目が印象的です。なんでも彼女は尾崎豊さんのあの名曲「15の夜」を聞いたとき、歌手になることを決断したということです。尾崎さんから引き継ぐ強い意志をレオちゃんの曲から感じ取れます。幼少期の頃からピアノを習いはじめて、小学校のときは合唱部だったというレオちゃん。子供の頃からそばには音楽があったんですね。YUIや絢香といったシンガーソングライターを次々デビューさせるやり手の音楽プロデューサー西尾芳彦によって、一気に彼女は有名になります。2011年、親が反対しているにもかかわらず、勘当状態で上京したレオちゃんは、ライブ活動や作曲活動を精力的に行います。若いのに、ものすごい行動力ですよね。2012年に「サブリナ」でデビューした後、リリースする曲はほとんどが大ヒットと、幸運の流れに乗っていきます。「チョコレート」や「Silly」は名曲ですね。彼女の本名は、家入稚奈(ちな)ではないかという噂があります。名字の家入は本名のようですね。また「レオ」については、事務所の社長がライオンっぽい目から命名したみたいです。「ジャングル大帝レオ」からとったということです。そのほか映画の「レオン」から取ったとも言われています。彼女にぴったりの素晴らしいネーミングですね。

そんなレオちゃんですが、彼女の目に関する噂は絶えません。あの吊り上った目はおかしい、在日朝鮮人ではないかなんて噂もはじまっています。歌は素晴らしいけど、目が怖いなんて声もありますね。実際に彼女に会った方からは、あんな角度の目は見たことないという人もいます。なんだかかわいそうになってしまいます。でもこんな特徴ある目だから、人と違う個性を発したのではないでしょうか。といってもレオちゃん、本当に在日朝鮮人なのでしょうか?ファンいわく、そんなことないということなのですが、人気が出れば出るほど、これからの話題になっていきそうです。同時にこの釣り目がかわいいのだという声も多々あります。目だけで、賛否両論を巻き起こすレオちゃんって本当にすごいと思いませんか?

2015年三枚目のスタジオアルバム「20」を発表したレオちゃん。ライブも好評で、息の長い歌手になるのではないかと予想されています。こんな魅力的な釣り目のレオちゃんをこれからも応援していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。