赤いメガネがトレードマークの奥華子さんは、まだ結婚しないの?

赤いメガネがシンボルのシンガーソングライターと言えば、奥華子さんです。35歳にはとうてい見えないとみんな言いますね。これも赤メガネ効果なのでしょうか。彼女は、女性の失恋の心情を歌にした「失恋ソング」の名手と言われています。あの優しい声に癒された女性は多いのではないでしょうか。女性だけでなく、男性視点にも立ったりして、バラエティあふれる奥さん。彼女の特に中音域の透き通った声は、魔法の声だと好評です。

千葉県船橋市の出身の奥さんは、デビュー前は千葉県の路上で、キーボードの弾き語りからキャリアをはじめました。その当時は少し心が病んでいたということで、暗めでスローテンポの曲が多いですね。そんな苦境から脱した彼女だからこそ、今すてきな花を咲かせているんでしょうね。ちなみに、デビュー後の今でも津田沼や渋谷でゲリラライブをするということです。その時は交通渋滞が起きることもあるとか。本当にかっこいい女性ですよね。赤メガネをかけだしたきっかけも、路上ライブをしているとき、どうも赤メガネをかけると止まってくれる人が多いと気づいたところからはじまっているようです。奥さんは15秒程度の短いCMソングを作りながら、徐々に人気を得はじめて、2005年に「やさしい花」でデビューを飾りました。大ヒットしたアニメ「時をかける少女」の主題歌である「ガーネット」がロングセラーとなって、今でもカラオケでよく歌われていますよね。

さて、そんな奥さんの恋愛事情はどうなんでしょうか?こんな素晴らしい失恋ソングを作ってしまうのです。よっぽど素敵な恋愛をしてきたのでしょうね。かつて奥さんはインタビューで、失恋ソングばかり作っていると、悲しい気持ちにならないかという問いに対し、「失恋ソングって悲しい事を歌うんじゃなくて、むしろ幸せだった頃のことを歌うからこそ楽しかった頃を思い出して悲しくなるんだと思いますよ」と言っていました。おとなというか、深いですよね。そんな奥さんを過去にとどめておく元カレがどういう人だったのか、ファンは気になって仕方ないんです。一目惚れしやすい性格で、好きになったらすぐに告白して、フラれたらすぐあきらめるんだと奥さんは言います。熱しやすく冷めやすい、そして昔の恋を忘れない、そんな奥さんが「年上の彼」で歌われているのは、自身の体験談だとも言われていますが、次の恋はまだはじまらないのでしょうか。そろそろ結婚してもおかしくない歳になった奥さんの恋の前進を、ファン一同心待ちにしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。