写真集もかわいい!子役ドラマやナース役なら志田未来

志田未来さんは、2000年に「永遠の1/2 第3話」でまだ8歳のころにドラマ初出演を果たしました。あどけない子供らしい表情としっかりとした演技は話題を呼び、2005年から多くのドラマに登場しています。このころは「女王の教室」で、中学生でしたがドラマに淡々と出演し、子役として活躍していました。「女王の教室」では、恐ろしい担任にビビリながら学校生活をおくる役柄で、インパクトのある名演技でした。ザテレビジョンドラマアカデミー賞の新人俳優賞を取得したのは、このドラマになります。

そして志田未来さんが一躍有名になったのが、ドラマ「14才の母」です。えっ!どういうこと?とタイトルを聞いてびっくりされた方も多いはずです。この時も主演で、世の中に志田未来さんの印象を深める名演技だったのです。内容はタイトルの通りで、中学1年で妊娠するストーリーです。この若さで子供を産める病院を探し、命がけで子育てをする役柄が大きなインパクトで、世間を騒がせたのは事実です。リアルな内容で、若くして子供を産んで育てる姿は、志田未来さんにしかできないものだったのかもしれません。このドラマは多くの賞を受賞しました。TV LIFE 2006年間ドラマ大賞では、主演女優賞と新人賞の2つを取得しました。第44回ギャラクシー賞では奨励賞を、そして、第15回橋田賞では新人賞を取得したのです。13歳での受賞はマスコミでも取上げられ、大々的に報道されました。

そんな彼女も大人になり、女性の魅力を発揮するようになりました。話題になっているナース姿は、「まっしろ」というTBSテレビで放送されたドラマです。まるで白い天使のようで、女性ばかりの職場で葛藤する姿を大人っぽくなった表情と、余裕を感じる大人の女優の貫禄が絶賛されていています。子役のイメージもすっかり抜け、いつの間にか色気のある大人の女性に変わっていました。美しくスラリと身長も伸びて、体型も演技もさらに成長した彼女にみんなメロメロですね!なんでしょうね?このカワイさ。でも、さまざまな役に挑戦する姿は、必ず今後の演技にも磨きがかかるので楽しみですね!

20歳の記念で、グラビア画像も出している志田未来。過激な内容ですが卑猥な印象もなく、清楚で人気を呼んでいます。Bカップとのことですが、かわいらしく写っていてファンには見逃せない存在の写真集です。まだまだお若い志田未来さんですので、これからの活躍ぶりが楽しみですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

超可愛い映像集

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。